涌谷町の「小ねぎ」!


こんにちはくせ毛の池田です(*`・ω・*)ゞ


皆さん、夏ですね~「日本の夏」!
「そうめん」、「冷麦」の季節です。

この季節に、青々と存在感を放つ食材があります。
そう!それは「小ねぎ」!!!!

夏は「鰹のたたき」や「そうめん」、「ところてん」、「冷奴」、
また、一年を通して「納豆」に「味噌汁」、「ラーメン」などなど
薬味として大いに活躍してくれるあの「小ねぎ」です。

その「小ねぎ」、大崎地域の特産品!
これは是非お伝えし隊!(`・ω・´)ギラッ


と言うことで、お邪魔したのは宮城県遠田郡涌谷町(とおだぐんわくやちょう)で
「小ねぎ」を栽培されている上野 清一(うえの せいいち)さんのハウスです。

○上野さんが「小ねぎ」を栽培されているハウス
広さ約300平方メートルの敷地内に、ハウスが23棟もあります。


お邪魔しま~す!










○「小ねぎ」生産者 上野 清一さん
上野さんは「JAみどりの仙台小ねぎ部会」の部会長もされています。

「JAみどりの」が涌谷町で「小ねぎ」の生産を始めたのは昭和62~63年頃。
当時、「小ねぎ」の主要な生産地であった九州に出向き視察・研修を重ね、
今では、涌谷町から全国に「小ねぎ」を出荷するまでになったそうです。

※ちなみに「小ねぎ」は、「青ねぎ」を若取りしたものです。

東日本、特に東北地域では「白ねぎ」が好まれていましたが、
最近では「小ねぎ」の需要も増えてきているそうです。




○「小ねぎ」は別名、「万能ねぎ」や「細ねぎ」とも呼ばれています。



「小ねぎ」の栽培に欠かせないのが「水」加減!
水のやりかた一つで、出来が決まってしまうそうです。
上野さんのハウス内には、両サイドに水をまくためのパイプが設置され、
成長に合わせた量の「水」を、機械で調節しながら与えています。


○水がまかれているハウス内の様子(水は地下水を使用)

土には「米ぬか」や「もみがら」の他に、
微生物などの「菌体」を一緒に混ぜ合わせ、栄養のある土にしています。
中でも「もみがら」は今年から新たに加え始めたそうで、
土に空気を含ませる役割と、水を蓄え乾燥を防ぐ保水性と
排水性両方の効果があるそうです。


○土に混ぜてある「もみがら」

小ねぎは通年で収穫出来ますが、夏と冬では収穫するまでの期間が違うため
柔らかさに少し違いがあるそうです。
夏場は、種まきから約60、70日で収穫でき、柔らかめ。
冬場は、種まきから4,5ヶ月栽培、しっかりとした「小ねぎ」になるそうです。
夏の時期は「おひたし」や「和え物」として食べるのも
お勧めだそうです。



○上野さんの息子さん 上野 健児(けんじ)さん
 機械で「小ねぎ」の種を撒いている様子

ハウスの中はじっとしていても汗が出てくるほど、
その暑さの中での作業は大変です(A;´・ω・)アセアセ

「小ねぎ」の管理は、上野さん親子二人で行っています。
良い「小ねぎ」が出来た時は、親子でやりがいを感じるそうです。


「農業は忙しいが、充実出来る」と上野 清一さん。
朝4時から作業を始め、おいしい「小ねぎ」を栽培するため、
徹底した管理を行い、愛情を注いでいます。

今回、上野さんが私たちのために、
「小ねぎ」を使ったお料理を二品もご用意してくださいました!ワーイε=ヾ(*・∀・)/


○小ねぎのカナッペ
卵サンドに「小ねぎ」を加えたもの、
「小ねぎ」とマヨネーズがベストマッチ!
「小ねぎ」のサッパリ感が夏バテで食欲がない時にも合いそうです。
それに、ネギが苦手なお子様でも、食べやすいと思います。

○小ねぎの酢味噌和え
「小ねぎ」が新鮮でシャキシャキと良い歯ごたえです。
「わかめ」や「カニカマ」との取り合わせで食感も楽しく、
箸がすすみます。






涌谷町で生産された「小ねぎ」は、「仙台小ねぎ」と言う銘柄で
大崎地域の他、仙台市内の量販店などで販売されています。
見かけた際には是非お試しください(。・ω・。)ノ

○仙台小ねぎ 




お問い合わせ
※JAみどりの涌谷野菜集荷所
 住所:宮城県遠田郡涌谷町字蔵人沖名33番地
 TEL:0229-42-3144
 FAX:0229-42-3901
地図:
大きな地図で見る



★インフォメーション★
「大崎の食材なら、こんなところ知ってるよ!」、
「今だと、こんな旬の食材があるよ」
など、大崎に関わる美味しい情報や、
ブログへの感想なども頂戴できたら嬉しいです。

■E-mail:osaki@shep.co.jp 
「おいしい大崎伝え隊」まで! お待ちしてます!


「おいしいね!OSAKI」ホームページ開設いたしました!!!
「おいしいね!OSAKI」HP
こちらのホームページでは、ブログでご紹介しきれない大崎地域の魅力を紹介しております。
是非、ご覧ください!

タグ :米・野菜

同じカテゴリー(涌谷町・美里町)の記事画像
涌谷町の「ほうれん草」!
美里町特産品「大葉」!
大崎地域最東端!「イーストファームみやぎ 直売所」
美里町の北浦なし!
斉藤菓子店
涌谷町特産品の芹
同じカテゴリー(涌谷町・美里町)の記事
 涌谷町の「ほうれん草」! (2013-03-01 17:47)
 美里町特産品「大葉」! (2012-11-26 11:23)
 大崎地域最東端!「イーストファームみやぎ 直売所」 (2012-11-16 16:37)
 美里町の北浦なし! (2012-09-25 17:47)
 斉藤菓子店 (2012-05-17 17:11)
 涌谷町特産品の芹 (2012-05-10 17:39)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
おいしい大崎伝え隊
おいしい大崎伝え隊
大崎地域の食材を紹介する、『おいしい大崎伝え隊』です。

左がたれ目の根田、右がくせ毛の池田です。
このオレンジのジャンパーが私たちのユニフォーム!

もし見かけたら是非声をかけてくださいね☆


QRコード
QRCODE
< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
インフォメーション
運営:宮城県北部地方振興事務所 地方振興部
〒989-6117 宮城県大崎市古川旭4丁目1-1
TEL:0229-91-0763 / FAX:0229-91-0749
E-mail:nh-sinbk2@pref.miyagi.jp
(委託運営:株式会社 仙台放送エンタープライズ)

このブログは、平成24年度OSAKI食材PR:販路拡大事業(緊急雇用創出事業)
で制作したもので、現在は委託事業を終了していますが、委託運営者によって、作成
時点での内容を一定期間、継続公開しています。                
Copyright © 2020 ⁄ おいしいね!OSAKI ALL Rights Reserved
削除
涌谷町の「小ねぎ」!
    コメント(0)