松山華の蔵・松山酒ミュージアム


今回お邪魔したのは、宮城県大崎市松山町駅から西に車で10分ほどにある「松山華の蔵」(写真右の建物)と「松山酒ミュージアム」(写真左の建物)。こちらから、お酒を使ったおいしいお菓子を御紹介します。

↓↓↓まずは映像です↓↓↓



「松山華の蔵」と「松山酒ミュージアム」の両施設を運営しているのが、地酒「一ノ蔵」で全国的にも有名な株式会社一ノ蔵さん。管理課総務係参事の角田美智子さんからいろいろとお話しを伺いました。
※両施設は、松山町を「醸造発酵の発信拠点」としてお客様を呼べる町にしたいと、平成7年に誕生。その後、平成18年に大崎市との合併をきっかけに、株式会社一ノ蔵さんが施設の運営を引き継いでいるそうです。

まずは「松山華の蔵」にお邪魔しました。


中では地酒「一ノ蔵」をはじめ、お酒を使ったお菓子、米麹を使用した化粧品など様々な製品が販売されています。また、訪れたお客様が休めるようにと、地域の食材をいかした「おそば」や「味噌おにぎり」などが味わえる飲食スペースもあります。

「松山華の蔵」のスタッフの皆さんからも、お話を伺いました。
左から、高橋さん、竹内さん、武藤さん。ありがとうございました。

まずは「一ノ蔵・無鑑査本醸造辛口」を使用した「酒ケーキ」(250円)をいただきました。

写真を見てわかりますか? たっぷりと日本酒がしみ込んで、ケーキの下の方は色が違っています。
口当たりはしっとり柔らか!辛口の日本酒が香る、大人の味わいです。
隠し味に醤油が入っているそうで、その塩気が甘さを引き立てています。
日本酒がまさか洋菓子に合うなんて、びっくりですね!

こちらは、「一ノ蔵」さんの「あま酒」(一袋157円)です。
米麹100%の「あま酒」で、勿論砂糖は不使用、アルコール分もありませんから、お子様にも安心して楽しんでもらえます。
「あま酒」といえば、阿部のイメージだと〈冬に温めて飲むもの〉。ところが、その昔は夏に冷やして飲むことが多く、「あま酒売り」が町をまわって歩くほどポピュラーだったそうです。栄養価が高いので、夏バテの予防にも飲まれていたそうです。

「飲食スペース」では「松山華の蔵」こだわりの「松山そば」(単品680円)をいただきました。

※写真の味噌おにぎり(漬物付き)は、おそばを頼んだ方に限り+100円で付けることができます。味噌には焼き目が付いていて、その香ばしさがたまりません。

「松山そば」は、松山にある豆腐屋「松本豆腐店」さんの油揚げと、地場産のネギをたっぷり乗せたきつねそば。出汁は鰹節で、香りがすごく良いですv(。・ω・。)
宮城県産のそば粉を使用したおそばもコシがあり、味付けの油揚げも肉厚で食べ応えがあります。
※団体でお越しの際は、電話予約をオススメします。



他にも酒米で作った米粉を使用した「酒米っこパン」(各種145円)や「酒米っこケーキ」(各種575円)、一ノ蔵さんのにごり酒を使った「酒アイスクリーム」(273円)など、お酒や米にこだわった様々な商品が販売されていました。
ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

お次は「松山酒ミュージアム」を見せていただきました。

施設内には、お酒の作り方や歴史などのインフォメーションをはじめ、酒造りに関する道具が展示されています。内装には、日本酒ならではの升をモチーフにした飾りもありました。(写真右側のテレビの枠など)

現代では、ビールや甘いカクテルなどお酒の選択肢が多いため、日本酒を飲む機会も減っています。
「酒造りをする者の使命として、『松山酒ミュージアム』で本物の日本酒の味を伝えたい」と角田さんはおっしゃっていました。

松山酒ミュージアム入館料:大人300円、高校生以下150円

以上、大崎市松山から、おいしいものをご紹介しました!

※松山酒ミュージアム・松山華の蔵
場所:宮城県大崎市松山千石字松山242-1
TEL:0229-55-2700
FAX:0229-55-2925
営業時間:9:30~17:00
「松山酒ミュージアム」は受付は16:30まで、「松山華の蔵」のお食事は11:00~15:00
定休日:毎週月曜(祝日の場合は翌日)、12月31日~1月2日

※株式会社一ノ蔵
場所:宮城県大崎市松山千石字大欅14
TEL:0229-55-3322
FAX:0229-55-4513
URL:http://www.ichinokura.co.jp/


同じカテゴリー(大崎市(古川・松山・三本木・鹿島台・田尻))の記事画像
「揚げおかき」!
「伊達ざくらポーク」!
体験型 農家レストラン「蔵楽(くらら)」!
「ハートフルランド・ジャージー牧場」!
「おおさき産業フェア2012」!
古川の「水菜ドレッシング」!
 「揚げおかき」! (2013-03-22 17:46)
 「伊達ざくらポーク」! (2013-02-22 13:06)
 体験型 農家レストラン「蔵楽(くらら)」! (2012-12-17 19:26)
 「ハートフルランド・ジャージー牧場」! (2012-12-10 10:00)
 「おおさき産業フェア2012」! (2012-11-09 20:57)
 古川の「水菜ドレッシング」! (2012-08-16 10:00)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
おいしい大崎伝え隊
おいしい大崎伝え隊
大崎地域の食材を紹介する、『おいしい大崎伝え隊』です。

左がたれ目の根田、右がくせ毛の池田です。
このオレンジのジャンパーが私たちのユニフォーム!

もし見かけたら是非声をかけてくださいね☆


QRコード
QRCODE
< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
インフォメーション
運営:宮城県北部地方振興事務所 地方振興部
〒989-6117 宮城県大崎市古川旭4丁目1-1
TEL:0229-91-0763 / FAX:0229-91-0749
E-mail:nh-sinbk2@pref.miyagi.jp
(委託運営:株式会社 仙台放送エンタープライズ)

このブログは、平成24年度OSAKI食材PR:販路拡大事業(緊急雇用創出事業)
で制作したもので、現在は委託事業を終了していますが、委託運営者によって、作成
時点での内容を一定期間、継続公開しています。                
Copyright © 2020 ⁄ おいしいね!OSAKI ALL Rights Reserved
削除
松山華の蔵・松山酒ミュージアム
    コメント(0)