村上屋


今回は、「山の神まんじゅう」で有名な、宮城県遠田郡美里町の「村上屋」さんにお邪魔しました。
お店は小牛田駅西口のすぐそばにあります。

お話をしてくださったのは、株式会社村上屋代表取締役の村上正衛さん。

○「村上屋」さんの創業は明治33年。

「小牛田まんじゅう」が誕生したのは、明治23年に小牛田駅が日本鉄道(現在の東北本線)駅として開業して以降のこと。東京や仙台、鳴子温泉への通過点として、多くの人がこの地を訪れるようになり、村上屋さんを含めた複数のまんじゅう屋さんが、小牛田の名物として「小牛田まんじゅう」を作り始めました。
昔は、小牛田駅の構内で売り子さんが手売りをしていた事もあったそうです。売り子さんは、多いときには20人ほどもいたそうですよ。

複数のまんじゅう屋さんが作った「小牛田まんじゅう」は、お店ごとに味も製法も違いがあったそうです。
※甘さの違いであったり、白あんを使用しているところもあったそうです。
そこで村上屋さんは、町内にある「山神社」(やまのかみしゃ)にあやかり、「山の神まんじゅう」という名で販売することにしました。

○山神社
山神社は子授けや安産の神様を祀っていることもあり、「山の神まんじゅう」を出産祝いなどの贈り物に買っていかれる方も多いそうです。

○小牛田駅
しかし、1982年に東北新幹線が古川駅を通るようになると、小牛田駅を訪れる人は減り、「小牛田まんじゅう」の製造も、現在では「村上屋」さんのみとなりました。

かつてのように多くの人が訪れなくなっても、「昔、小牛田に住んでいたので懐かしい」と、遠方から注文してくれる方もいるそうです。

↓↓↓それでは映像です↓↓↓


こちらが「山の神まんじゅう」(箱は8個入り・600円)。
しっとりとした薄皮で甘さ控えめの粒あんをたっぷり包んでいます。ギュッと詰まったあんこですが、重くなく、上品な甘さです。
昔は経木(きょうぎ・紙のように薄い木の板)に包んで販売していて、それにくっついた薄皮を取って食べるという楽しみもあったそうですよ。しっとりした皮だからこそですね!

こちらは「子持ちまんじゅう」(箱は8個入り・750円)。
「山の神まんじゅう」と同じ皮とあんこを使っていますが、よく甘納豆として食べられる白花豆が頭に乗っています。
なめらかなあんこと、柔らかく煮た白花豆がアクセントになって、また一つ違う食感が楽しめます!

もともと、創業時の「小牛田まんじゅう」には、子宝の象徴として小豆に似たささげ(大角豆)を手作業で1,2粒入れていましたが、機械化により、ささげを入れられなくなってしまいました。
そこで、5年ほど前に子宝の象徴を白花豆に変え、「子持ちまんじゅう」として復刻しました。
白花豆にしたのは「栗のようで味も良いし、目立つから」とのことです。

阿部と池田がお邪魔した日の午後2時に「子持ちまんじゅう」は売り切れ直前。一つだけ残っていたので頂戴しました。手作業で作っていて数に限りがあるため、そのくらいの時間には売り切れてしまうこともあるそうです。
ただお願いすれば作ってくれるそうなので、3,40分待てる方は出きたてをいただくことができます。

ということで、「村上屋」さんご紹介しました!

※株式会社 村上屋
場所:宮城県遠田郡美里町字藤ヶ崎町73
TEL:0229-33-3333
FAX:0229-33-3331
営業時間:8:30~17:00
HP:http://www.murakami-ya.com
お電話・FAX・ホームページからも販売を受け付けています。

※山神社
鎮座地:宮城県美里町牛飼字斎ノ台37
「山の神まんじゅう」の販売コーナーがあります。
平日は10:00~13:00、土日は10:00~15:00営業しています。また不定期にお休みをいただくことがあります。

タグ :甘いもの

同じカテゴリー(涌谷町・美里町)の記事画像
涌谷町の「ほうれん草」!
美里町特産品「大葉」!
大崎地域最東端!「イーストファームみやぎ 直売所」
美里町の北浦なし!
涌谷町の「小ねぎ」!
斉藤菓子店
同じカテゴリー(涌谷町・美里町)の記事
 涌谷町の「ほうれん草」! (2013-03-01 17:47)
 美里町特産品「大葉」! (2012-11-26 11:23)
 大崎地域最東端!「イーストファームみやぎ 直売所」 (2012-11-16 16:37)
 美里町の北浦なし! (2012-09-25 17:47)
 涌谷町の「小ねぎ」! (2012-07-20 10:43)
 斉藤菓子店 (2012-05-17 17:11)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
おいしい大崎伝え隊
おいしい大崎伝え隊
大崎地域の食材を紹介する、『おいしい大崎伝え隊』です。

左がたれ目の根田、右がくせ毛の池田です。
このオレンジのジャンパーが私たちのユニフォーム!

もし見かけたら是非声をかけてくださいね☆


QRコード
QRCODE
< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
インフォメーション
運営:宮城県北部地方振興事務所 地方振興部
〒989-6117 宮城県大崎市古川旭4丁目1-1
TEL:0229-91-0763 / FAX:0229-91-0749
E-mail:nh-sinbk2@pref.miyagi.jp
(委託運営:株式会社 仙台放送エンタープライズ)

このブログは、平成24年度OSAKI食材PR:販路拡大事業(緊急雇用創出事業)
で制作したもので、現在は委託事業を終了していますが、委託運営者によって、作成
時点での内容を一定期間、継続公開しています。                
Copyright © 2020 ⁄ おいしいね!OSAKI ALL Rights Reserved
削除
村上屋
    コメント(0)