スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。

鳴子温泉郷

今週も宮城県大崎市の観光地「鳴子温泉郷」から、おいしいものをご紹介します!
※「鳴子温泉郷」とは、鳴子温泉、東鳴子温泉、川渡温泉、中山平温泉、鬼首温泉の総称です。

↓↓↓それでは、映像です↓↓↓

まずは、鳴子温泉のお土産として有名な「栗だんご」をご紹介します。

お邪魔したのは、鳴子温泉駅から徒歩2分ほど、「栗だんご」発祥の店「深瀬」さんです。


お土産用の和菓子が並ぶ店内です。飲食スペースもあるので、その場で「栗だんご」を味わってみる事もできます。ちなみに、洋菓子コーナーも充実しています。

お話を伺ったのは、3代目店主の深瀬健さん。

昔(明治の末期頃)の鳴子温泉は、観光地と言うより、近隣の農家の方々が農閑期に10日から1カ月程度を過ごす湯治場のイメージが強かったそうで、そんな湯治客向けに初代店主の吉丸さんが、今のお店がある場所に餅屋を開きました。
当時は、「あん餅(今で言う大福餅)」を中心に、夏はかき氷、冬には今川焼など、季節のものを出していたそうで、秋の新鮮な栗が出回る秋の短い期間だけ、栗を煮て餅で包み、みたらしをかけて出したのが「栗だんご」の始まりだそうです。

さて、これがその「栗だんご」(お茶・お漬物付きで350円)。
とろとろアツアツのみたらしが、まんまるなおだんごにかかっています。
中の栗はお箸で簡単に割れる柔らかさ。みたらしは、見た目濃い味なのかなと思いましたが、栗の風味を邪魔しない絶妙のバランス。ほっとする味です。

「昔から、味は変わっていないんですか?」と、深瀬さんにお尋ねしたところ、「作り方は大体変わっていませんが、昔より少し甘さを抑えています。せっかく栗を入れているのだから、みたらしの味が栗より強いと意味がないから」とのこと。なるほどです。

○お持ち帰り用の「栗だんご」。1箱6個入りで735円。
「栗だんご」は、勿論当日中に食べるのが一番おいしいのですが、ただ、お土産に買って帰り時間を置いてしまった場合は、電子レンジで温めればおいしくいただけるそうです。

○洋菓子コーナーに並んでいた、地元特産のブルーベリーを使用した「ブルーベリーチーズ」(200円)。
洋菓子は、健さんの娘さん、いず美さんが作られています。ブルーベリーは甘く煮てあり、濃厚なチーズとよく合います。おいしくて、思わず買って帰りました(笑)

そんな地元特産のブルーベリーを使った商品が他にもあると聞いて、今回は中山平温泉にも行って来ました!
お邪魔させていただいたのは、中山平温泉駅向かいの倉加屋さんです。

倉加屋さんは、昭和2年から続く酒屋さんですが、日用雑貨も置いてある他、簡易郵便局も併設されています。

お話を伺ったのは、3代目店主の菊地昭二さん。

菊地さんが会員にもなっている中山平温泉観光協会では、地元特産のブルーベリーを使って地域活性化を図ろうと、地域の方々と一緒に様々な加工品を作っているそうで、それら商品の問合せ先・販売元となっているのが「倉加屋」さんだそうです。

○地元産のブルーベリーを使用した、「ブルーベリージュース」。(1850円)
果汁100%のストレートジュースです。今絞ったばかり!?と思うようなフレッシュさ!後味もすっきり!
ブルーベリーの味をしっかりと味わうことができます。

○「中山平アイス・ブルーベリー」(250円)
地元特産のブルーベリーと、大崎産のジャージー牛乳を使用したアイスクリーム。ブルーベリーのさわやかな風味とジャージー牛乳のまろやかさがマッチ。ブルーベリーの果肉も入っていて、食感も楽しめます。
※ちなみに、鳴子温泉郷特産のお米「ゆきむすび」(1月23日の記事でご紹介)を使った「ゆきむすびアイス」(250円)もあり、びっくりしました。
※他には、ブルーベリーを使用した黒酢(1260円)もあります。

○ブルーベリーではないのですが、地酒「中山平」「大谷川」もご紹介しますね。
こちらも地域の方々と力を合わせて作った地酒なんです。醸造は、大崎市古川の酒蔵「寒梅酒造」さん。
中山平産「ひとめぼれ」を使用した「中山平」、同じく中山平産の酒米「蔵の華」を使用した「大谷川」。
なんといっても特徴は、いずれも中山平温泉の温泉水を使用していること!味はすごくさわやかで、飲みやすく、中でも「中山平」の方は、フルーティな感じもしました。
日本酒をあまり飲まない阿部でも、苦手な後味がなくぐいぐい飲めました。

ちなみに、映像のオープニングで阿部と池田が浸かっていたのは、「湯めぐり駐車場足湯」です。

鳴子温泉駅から徒歩5分程度。
お湯は白濁色で、湯の花が浮いています。

ということで、鳴子温泉郷をご紹介しました。

※深瀬
場所:宮城県大崎市鳴子温泉字湯元24-2
TEL・FAX:0229-83-2146
営業時間:8:00~19:00
定休日:不定休(出発前にご確認下さい)
※湯めぐり駐車場足湯
営業時間:8:30~20:00
お問い合わせは株式会社 鳴子まちづくりまで。
TEL:0229-83-4751

※有限会社倉加屋
場所:宮城県大崎市鳴子温泉字星沼79-35
TEL:0229-78-2201
FAX:0229-78-2203
営業時間:8:00~19:00
定休日:日曜日
URL:http://www.kurakaya.com/


プロフィール
おいしい大崎伝え隊
おいしい大崎伝え隊
大崎地域の食材を紹介する、『おいしい大崎伝え隊』です。

左がたれ目の根田、右がくせ毛の池田です。
このオレンジのジャンパーが私たちのユニフォーム!

もし見かけたら是非声をかけてくださいね☆


QRコード
QRCODE
< 2012年01>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
インフォメーション
運営:宮城県北部地方振興事務所 地方振興部
〒989-6117 宮城県大崎市古川旭4丁目1-1
TEL:0229-91-0763 / FAX:0229-91-0749
E-mail:nh-sinbk2@pref.miyagi.jp
(委託運営:株式会社 仙台放送エンタープライズ)

このブログは、平成24年度OSAKI食材PR:販路拡大事業(緊急雇用創出事業)
で制作したもので、現在は委託事業を終了していますが、委託運営者によって、作成
時点での内容を一定期間、継続公開しています。                
Copyright © 2018 ⁄ おいしいね!OSAKI ALL Rights Reserved