スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。

岩出山②-勇喜食堂


今回は、大崎市岩出山の国道47号線沿いにある、メニュー豊富な食堂、「勇喜食堂(ゆうきしょくどう)」さんをご紹介します。
※店名の「喜」の字は、本来は七が3つ並んだ漢字です。

「勇喜食堂」さんでは、岩出山の名産を使用したお料理を提供しているということで、お邪魔させていただきました。
それが「凍みっぱなし丼」です!

↓↓↓それでは映像です↓↓↓


○お話を伺った、結城忍一(ゆうきじんいち)さん。

「凍み豆腐」を凍らせたまま乾燥させないで作った「凍みっぱなし」。
それを肉に見立て、カツ丼のようにして食べるのが、「凍みっぱなし丼」です!

「凍みっぱなし丼」は玉造商工会(大崎市となる前、岩出山地域・鳴子温泉地域は「玉造郡」でした)で、町興し事業の一環として開発されました。

お煮しめや味噌汁に入れるなど脇役的存在だった「凍みっぱなし」を使い、結城さんが社長を務める株式会社旨い豆(うまいど)さんが、肉に近い食感を実現しました!

たっぷりとタレを染み込ませて、衣を付けて油で揚げたら、まさにカツの様に大変身!! v(。・ω・。)
脇役だったはずの「凍みっぱなし」が、堂々おかずのメインになりました。
噛むと弾力があり、ジュワ~っとタレが出てきます。


これが、「凍みっぱなし丼」!!!
紅ショウガ、白ネギ、シソの3色が目にも鮮やかですね。味噌汁と白菜の漬物もセットです。
米や大豆は、勿論地元のもの。ネギは、食堂の裏の畑から採ったばかりのシャキシャキ・ネギです。

カツ風に変身した「凍みっぱなし」は、これが豆腐だったなんてわからないほどの弾力でした!しっかりと染み込んだタレも食欲をそそります。

カロリーを気にしてるけどがっつり食べたい方、お肉が食べられない方にもオススメです。


それから「凍みっぱなし丼」と一緒にいただいた味噌汁もとてもおいしかったです。
「勇喜食堂」さん自家製の味噌で、塩分はカビが生えないギリギリまで抑え、麹を通常の倍入れているのだそうです。
独特のまろやかな甘みはそのこだわりから来ているんですね!

★こちらの「凍みっぱなし」は販売も行っています。
「凍みっぱなし」は1パック(2枚入り)360円(1枚で凍みっぱなし丼は3人前できます)。
「勇喜食堂」さんの店頭では2パックから販売しています。
ちなみに電話注文の場合は30パックから(送料別途)で受け付けています。

また今回の「凍みっぱなし丼」に使用している、カツ風に調理された「凍みっぱなし」も1人前で140円で販売しています。
お問い合わせは、株式会社「旨い豆」まで。

ということで、「勇喜食堂」さんご紹介しました。

※勇喜食堂
場所:宮城県大崎市岩出山下野目字二ツ屋9-1
TEL:0229-72-4747
営業時間:11:00~20:30
定休日:第2、第4水曜
予約:10人以上要予約



※株式会社旨い豆
場所:勇喜食堂と同じ
TEL:0229-72-2112

※凍みっぱなし丼・凍みっぱなし柳川風御膳提供店一覧
URL:http://www.tamadukuri.miyagi-fsci.or.jp/shimippanashi.html

プロフィール
おいしい大崎伝え隊
おいしい大崎伝え隊
大崎地域の食材を紹介する、『おいしい大崎伝え隊』です。

左がたれ目の根田、右がくせ毛の池田です。
このオレンジのジャンパーが私たちのユニフォーム!

もし見かけたら是非声をかけてくださいね☆


QRコード
QRCODE
< 2011年12>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
インフォメーション
運営:宮城県北部地方振興事務所 地方振興部
〒989-6117 宮城県大崎市古川旭4丁目1-1
TEL:0229-91-0763 / FAX:0229-91-0749
E-mail:nh-sinbk2@pref.miyagi.jp
(委託運営:株式会社 仙台放送エンタープライズ)

このブログは、平成24年度OSAKI食材PR:販路拡大事業(緊急雇用創出事業)
で制作したもので、現在は委託事業を終了していますが、委託運営者によって、作成
時点での内容を一定期間、継続公開しています。                
Copyright © 2018 ⁄ おいしいね!OSAKI ALL Rights Reserved